PC復活

土曜日、突然PCがおかしくなった。

なのでブログもお休みしていましたが、月曜日にやっと直りました。
また今日から復活です。
その間に書き込みたかったことがたくさんあるので、思い出しながら書いていこうと思います。
[PR]
# by kithal | 2004-09-15 10:00

お弁当

昨日の「わくわく教室」でお弁当の歌を習ったポン太。
「これっくらいの〜おべんとばこに〜♪」と家に着いてもずっと歌っていた。
すると突然
「ママ、ポン太のお弁当つくって、つくって〜」

仕方がないので、今日はお弁当を持って子育て支援センターに遊びに行った。
おにぎり、卵焼き、ブロッコリー、冷凍食品のチキン、そしてたまたま買っておいたパトカーの絵のかまぼこ。
お弁当箱に詰めている最中に「パトカーかまぼこ」を発見したポン太はそれだけで大興奮!!
「おべんとうがピーポーだぁ〜」(?)と小躍りしていた。

支援センターでも
「ポン太のおべんとうピーポーだよ〜♡」と他のママ達に言いふらしていたので、みんな「何々?」とお弁当を覗きに来る。
人に見せられない手抜き弁当なのに。。。

でも「パトカーかまぼこ」ひとつでこんなに喜んでくれるんだったら、たまにはお弁当を作ってあげてもいいかな。
中には「芸術品?」と思わせるカッワイイ〜お弁当を作るママもいるけど、私の限界はタコさんウインナーかな。
それでもいいならまた作ってあげよう!

と、「ママ、またお弁当作って〜。ピーポーのお弁当〜」
早速「お弁当作って攻撃」が始まった。。。
[PR]
# by kithal | 2004-09-10 22:37 | 育児

なんだかすっきりしない

a0019962_2133780.jpg

わくわく教室で作ったタオル掛け。
ラップの芯を半分に切って包装紙を巻いて作ったもの。
なかなかの出来映えなので、早速トイレに置いて「ポン太専用タオル掛け」にした。

母子揃って乗り気ではなかった「わくわく教室」も、最近は楽しめるようになった。
ポン太が精神的に落ちついたからと、やっぱり「慣れ」なのかなぁ。
折角だからもう少し続けてみようと、少し前向きになった母でした(笑)。

実は数日前、他のお教室の無料体験に行ってみた。
ここは内容はポン太向きなんだけど、月謝やらなにやらが高くてとりあえず体験だけってことで行ったんだけど(無料だしね)ポン太の現在の能力をテストしてくれるっていうので受けてみた(無料だから!)。
2歳児レベル、3歳児レベル、4歳児レベルの問題があり、3歳の子だと2・3歳の問題が全問できて100点。4歳児の問題ができると+αとなる。
なので100点が平均だそうだ。

ポン太84点。
中には4歳児の問題も数問できていたらしいが、「記憶」が弱いとのこと。
点数は別に気にしていない。
でもそこの先生が言うには

「ポン太君はすごくやる気があるんです!なのに「記憶」が弱いって事は《家庭でのお母さんの接し方に問題がある》のかもしれませんよ」

あったまきた〜!!!!
「無理に勉強をさせている」だとか「子供をちゃんと見ていない」とか好き勝手言い放題!
お教室には通っているけど勉強なんてさせていません!
家では予習復習やってません!(←威張れない)
「早く早くとせかしていませんか?」と言われたときにはドキッとしたけど、チビ太がいるのである程度は仕方がないと思っている。
子供2人抱えていれば「早く」ぐらい言うでしょ?
そんな聖人君子のようなお母さんっている?(いたらごめんなさい)

最初はすごく頭にきた。でも何度も何度も同じ事を言われるとさすがにへこむ。
家に帰って夫に泣きついた。すると夫、

「でもさぁ、向こうにしてみれば『だから、この教室に入ってください』ってことなんでしょ。営業だよ。それに100点をとるよりも、毎日『みんな大好き、しあわせ〜』って言っているポン太の方がいいでしょ?」

確かに。さすが我が夫、良いこと言うなぁ(たまには褒めてみる)。
でもさぁ、毎日こんなに頑張っているのに「ママが悪い」みたいに否定されちゃうとねぇ・・・。
いくら営業だからってそこまで言わなくても・・・(泣)。
[PR]
# by kithal | 2004-09-09 22:07 | 工作

天使ちゃん

あなたのお気に入りの愛用品は?
a0019962_2227391.jpg

私、洗剤とか大好きなんです。
で、「これでお風呂もピッカピカ〜」とか、「ガンコな汚れもこんなに落ちます」とかって文句にすごく弱い。
TVなんかで「ほ〜ら見てみて〜」と言いながら黒こげの鍋の半分が銀色に戻っていくのを見るとついつい電話したくなる。
さすがにTVショッピングは自制しているが、我が家には用途別にた〜くさんの洗剤があった。

ある日ふと思った。
すご〜く細かく用途別に別れた洗剤が、洗面所の下の棚に溢れているが、実際に使っている物は少ない。買ったものの失敗が多いのだ。
ずら〜っと並んだ洗剤達を見て反省。
で、ネットでいろいろ調べて見つけたのが「天使の洗剤」。
説明が大変なので興味のある方は直接サイトをみて頂きたいのだが、要は「環境に優しい洗剤は人にも優しい」「これ1本で何にでも使える」というもの。
最近はこれと、漂白剤、電解水で家中の掃除&洗濯を賄っている。

我が家では主に食器洗い、洗濯、洗顔(メイク落とし)として使っているが、殆ど泡が立たないので食器洗いの時間が短縮された。
洗顔については、香料を使っていないので原料の匂いと思われる独特の匂いがあるが、慣れれば大丈夫。
そして洗濯!!これが1番すごかった。
洗濯機の嫌な匂いがなくなったし、毎回洗濯は「短縮コース」で大丈夫なので節水にもなる。我が家の洗濯は絶対にこれがいい。

この洗剤の変えたもうひとつの理由。
ポン太の気管支喘息。1年半くらい病院に通った。
洗剤が喘息に関係あるかどうかわからないが(たぶんない)、なるべく自然のもの、体に優しいもの、そして子供達の将来の為に環境に優しいものを探したのだ。

先日、軽いアトピーの子供を持つ友達が「洗剤とか、ボディーソープとか、直接体につけるものから変えていきたい」と言っていたので天使の洗剤の話をしたが、
「食器洗いにも洗濯にも、洗顔やボディーソープにも使えて、環境にも優しくて・・・」
「なんて商品?」
「天使の洗剤」
「・・・。」
確かにこの説明の後に「天使の洗剤」ってネーミングは怪しさを伴う。
なので今まであまり人には勧めなかった。
実際私も購入まで1ヶ月間、毎日サイトを見つめ購入するかどうかを検討した。
本当は1番小さいサイズで試したかったが、送料が同じならと思い切って4Lボトルを購入。
1番小さいサイズ、送料無料だったら試してみたい人って多いんじゃないかなあ。

でも結局4Lを買って正解。今では手放せません。
うちではお風呂の時にお湯が温まるまでの間の水は、空になった容器に毎回溜めて使っています。
でも「天使の洗剤」のサイトを見たら潰せる容器が出ていました。
ゴミを減らすってことなのかな?

環境に良い洗剤は他にもたくさんあると思います。
自分に合ったものを探してみるのも楽しいかも。
[PR]
# by kithal | 2004-09-08 22:58 | お気に入り

アヒル

あなたのお気に入りの愛用品は?
a0019962_1954677.jpg


愛用品・・・というか、前々から欲しいと思っていて狙っていたもの。
ついに本日購入!
ホウキとちりとりがセットになってアヒルさんになっているなんてかわいいでしょ♡
しかも、かわいいだけではない!!コンパクトに収納できるのです!!
んもぉ、憎い奴〜♡♡

明日早速掃除しようっと。
しかし、ポン太が狙っている!!これは要注意。
奴のおもちゃにされて壊されないようにしなくては。
[PR]
# by kithal | 2004-09-06 19:26 | お気に入り

9月4日(土)の出来事

a0019962_15401396.jpg

幼稚園day。

幼稚園によってバザーだったり、ただ遊ばせてくれるだけだったり、内容が違うようなのだが、来年入園する子達がどの幼稚園にするかを選ぶ基準として、幼稚園dayで園内の雰囲気を見たり、先生に質問したりしたりすることができる。

うちはKという幼稚園に行った。
最初に驚いたのは入り口にで〜っかい亀が2匹いたこと。
いろんな幼稚園でウサギなどの小動物を飼っているが、こんな大きな亀は初めて見た。
亀の種類はよくわからないが、ゾウガメとかそんな感じ。
きっと園児なら背中に乗れるだろう。

次に驚いたのが先生がみんな若いこと!
結構カワイイ感じの人が多かったなぁ。もちろん優しかった♡

で、幼稚園dayの内容なんだけど、「工作」!!
ポン太のだ〜い好きな工作とあって、作り方の説明を目を輝かせながら食い入るように見ていた。
作ったのは紙皿でできた「トリのシーソー」と折り紙で作った「フルーツ君」(?)。
お友達も数人来ていて、早速作ったものを持って遊んでいた。

この幼稚園は「どろんこ遊び」をしたり(その日は着替え持参)工作なんかも多いらしい。
とにかく男の子に人気にとあってうちも候補に入れている。
これから幼稚園の説明会やらなにやらで忙しくなりそう。
どこがいいんだろう?・・・もう既に訳が分からない。
[PR]
# by kithal | 2004-09-06 15:40 | 工作

寂しい・・・

今日、お隣に住むAさんが引っ越した。

お隣の子「こうたん」とポン太は1ヶ月違いで産まれたため、ずっと一緒に遊んできた。
今日のポン太は引っ越しの意味をわかっているのか、「さみしいよ〜」を連発。
だけどいつものことで、午前中に家の前で一緒に遊ばせたら早速大バトル!!
結局泣きながら別れたけど、明日になったらまたベランダに出て「こうた〜ん、おはよ〜」って叫ぶんだろうな〜。

寂しいのはポン太だけではない。
奥さんのYさんとはこのマンションに引っ越す前に「ママさん教室」で知り合った。
そこでは妊婦さん同士近くに住む人が仲良くなれるように、地区毎にグループにさせられた。
私はその時引っ越しが決まっていて、絶対に引っ越し先の地区の人と知り合いになろうと決めていたのだ。
そして白羽の矢が立ったのがYさん。

「○○町の方ですよね?今度そこに引っ越すんですぅ。」
「○○町のどの辺ですか?」
「××の辺りです」
「うちもその辺りですよ。△ってマンション知ってます?」
「そこです!!」
「えぇ〜!!今うちの隣が空いてるけどもしかして○○号室ですか?」
「そうですぅぅぅ!!!!」

ってな感じ。
実はYさんもそこに引っ越してきたばかりで、しかも同い年。
ポン太とこうたんはお腹にいる頃からの幼なじみ。

結婚して夫の地元に住み、働いていた時は感じなかったが、妊娠してから近所に友達がいないことにすごく不安を感じていたので、Yさんの存在は大きかった。
不思議なもので妊婦時代そしてポン太出産後にいきなりたくさんの友達ができた。
今思えば妊婦さん&赤ちゃんのいるママはほとんどの人が友達を捜しているように思える。
なので小児科等でナンパ(?)をするとすぐに仲良くなれるようだ。
とにかくYさんの引っ越しはポン太にとっても私にとっても寂しいものとなった。
でも実は電車で一駅なのでいつでも遊びに行かれるのだが。

最近こうたんはポン太に新しい家(吹き抜けがあるらしい)のことをよく話していたらしく、ポン太も
「ポン太の新しい家は〜?天井が高い家に行きたいよ〜。」と言っている。

もうちょっと待っていてね。パパもママも頑張るからね(泣)。



a0019962_21205584.jpg

              我関せずの箱入り息子2
[PR]
# by kithal | 2004-09-03 21:24 | 引っ越し

演技の練習?

昨晩のポン太の夜泣き。
「ドナルドどこ〜?どこにいった〜!え〜ん、え〜ん。」

この場合のドナルドは実はパパのこと。
「ポン太、ミッキーちゃんね」と言ったらママは「ミニーちゃん」、パパは「ドナルド」、チビ太は「プルート」となる。
なので泣いているポン太に「ドナルドは会社だよ〜。今日は遅くまでお仕事しているんだよ〜」と説明。

もし食事中にポン太が「おいしいね〜ねこちゃん」と言ったら、この時のポン太は「ワンちゃん」。
「おいしいね〜わんちゃん」と返さなければならない。

「ポン太、ウルトラマンセブンね」と言ったら、ママは「ネクサス」。

「ポン太はトラね」と言ったらママは「ライオン」。

「ポン太は梨君ね」と言ったらママは「ぶどうちゃん」
ちなみにパパは「みかん君」チビ太は「バナナ君」

この妙なごっこ遊びはだいたい1日中続く。
うっかり「ポン太それ取って〜」などと言うと
「ポン太じゃないよ!ミッキーちゃんでしょ!」と怒られてしまう。

よし、ポン太!オリンピックは諦めた!
これからは目指せハリウッド!  「梨」の役はもらった!!
[PR]
# by kithal | 2004-09-01 15:16 | 育児

今日の朝食


朝食はポン太の好きなホットケーキ。
a0019962_18231373.jpg

「バムとケロのそらのたび」という絵本を買ってあげたら最初のページにちょろっとでてくるパンケーキが気に入ったらしく、それからというものホットケーキを作ると言うと「バムちゃんみたいにして」という。

丸いパンケーキが何枚も重なっているだけなのだが、作るとなると結構面倒くさい。
全部食べたいポン太には薄くて小さいものを何枚も作って重ねてあげないといけない。
面倒だけど・・・でも喜んでいる姿を見ると嬉しくなる。

そういえば子供の頃、「ぐりとぐら」にでてくる大きなタマゴで作った大きなホットケーキに憧れたっけ。
私にとっての「ぐりとぐら」がポン太にとって「バムとケロ」なのかな?
絵本っていいね。

バムとケロのそらのたび
バムとケロのそらのたび

ぐりとぐら
ぐりとぐら
[PR]
# by kithal | 2004-08-30 18:27 | 料理

たくましいチビ太!

昨夜、久々にポン太の赤ちゃんの頃のビデオを見た。
7ヶ月頃でおすわり、9ヶ月でハイハイ。
たぶんこれが普通のペースだと思う。

しかし5ヶ月のチビ太は今、ズリ這いをすっ飛ばして夜な夜なハイハイの練習をしている。
夜中の3〜4時頃に起き、多少腹ごなしをした後、にっこり笑いながら部屋中を動き回ること1時間。
どこに行くかわからないので私も寝ずに見ていなければならない。
目標を見つけるとゴロンゴロンと寝返りしてある程度まで近づき、あと少しのところでハイハイで2歩ほど進む。
なかなか見事な動きっぷり。

寝返りをしないでお座りが出来るようになった子は知っているけど、ズリ這いをしないでハイハイってすごいんじゃない?

確かに、ポン太の時と違ってチビ太は放っておかれることが多いので、自分から動いてアピールしなくてはかまってもらえないという過酷な状況におかれているとは思う。(ごめんよ)
でもさぁ、黙っていたってすぐに大きくなるんだし、もっとゆっくりでいいんだよ、チビ太君。
もっと赤ちゃん時代を堪能してね。そして母にも堪能させてね。

a0019962_179576.jpg

今のチビ太(上)と、「内山君」と呼ばれていた5ヶ月頃のポン太(下)。
「うっちー」とか言われて母は少し悩んだぞ(笑)。
a0019962_17113863.jpg
a0019962_1711524.jpg

[PR]
# by kithal | 2004-08-29 17:12 | 育児



2児の母のたわいもない日記のようなものです。
by kithal
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧